ワールドワンタイトルロゴ

本店:兵庫県宍粟市山崎町千本屋389-1
tel : 0790-67-9008

1万円以上御注文で送料無料

癒しのブログ

兵庫県宍粟市&姫路市に店舗をかまえる天然石のお店 「癒しの水晶館」がお届けするブログです。

ブログトップ画像

枕の吉方位~北枕は不吉、は本当か?

日本では亡くなった方を安置する際、頭を北に向ける風習があり、これを「北枕」と言います。
このことから、北枕で寝るのは死者と同じで縁起が悪いとされ、忌避されてきました。

しかし近年、これが誤解に基づくものと分かってきたため、気にする人も減ってきたと思われます。まだ「北枕=縁起が悪い」という迷信を信じている方は、是非こちらの記事をご参考になさってください。

水晶枕
山崎本店では、カウンターに置いてございます。

日本で北枕が忌み嫌われてきた理由とされるもう一つの説は、昔の公家(貴族)たちが北枕で寝ていたため、庶民は遠慮して北枕を避けたとされるものです。あと、昔の隙間だらけの家屋で北に頭を向けて寝ると、北からの冷たい風が肩を冷やしてしまうからいけない、という説もあるとか。

これらが現代ではナンセンスであることは、ご理解いただけると思います。
わたしたちは貴族に遠慮する必要もありませんし、密閉性の高い住居で寝起きをしているので、ことさら隙間風を気にする必要もありません。

そもそも、死者を北枕で安置することになったのは、お釈迦様が入滅(涅槃に入る、亡くなる)なさる際、「いつものように」頭を北に向けていらしたことにちなんでいるのです。

そうです、お釈迦様は常日頃、北枕で眠られていたのです。

インドには、北には「理想の国」が、南には「死者の国」があると伝えられています。おそらくお釈迦様もその言い伝えに添って北枕で寝ていらっしゃったのでしょう。

また、風水の考え方で、地上の気の流れは北から南に向かっているとされており、北枕で寝ることで頭からつま先に向けて気が流れるようにできると思われています。

このように、北枕はむしろ「最大吉方位」であると考えた方が、実は理に適っているのです…

<次回「枕と吉方位~水晶枕を上手に使う方法」に続く>

<<  |  >>

関連記事

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

コメント

    WORLD ONEのロゴマークは
    登録商標です。